Qiita:TeamとQiita Organizationについて

こんにちは、5643a8b47bc8e2bf22811a4ae6259e08.jpgmikiです

近頃、徐々にQiita Organizationを利用する企業の数が増えているのはご存知でしょうか?
色々な企業の投稿をまとめて見ることができるので、ご覧になってください:)
今回は、Qiita:Teamと何が違うの?という方も多いので、少し整理します:)

Qiita:TeamとQiita Organizationの違い

Qiita:TeamとQiita Organizationの違いは以下の表を御覧ください。

Qiita:Team
Qiita:Organization
料金1490円から
無料トライアルあり
無料
閲覧者限られた
チームメンバーのみ
全ユーザー
作成時の審査なしあり
その他1社につき複数作成可能1社につきひとつ

Qiita:Teamついて

Qiitaの機能をあなたの組織にというコンセプトでQiita:Teamが生まれました。
Qiita:Teamは情報共有を簡単にして組織の生産性を向上するサービスです。

スクリーンショット 2014-01-22 16.58.42.png

  • チーム内だけでドキュメント共有ができる
    Qiitaとは異なり、特定のメンバーだけに共有したい開発時のメモや環境構築や障害対応のドキュメント、日報や議事録をクローズドに管理することができます。
  • 手軽な書式で見栄えのいいドキュメントを作ることができる
    Mardown記法やシンタックスハイライトによる綺麗なドキュメントを作成することで、チームの情報共有を応援します。
  • 共有しつつ、コミュニケーションができる
    ドキュメントごとにいいね👍やコメントをつけられるので議論が一目で見渡せます。そして「@ + Qiitaユーザー名」でメンションを送り合うことができるので、重要な情報に気づき組織の生産性が向上します。

生産性を向上させる情報共有ツール

今なら無料トライアル実施中!

現在、30日間の無料トライアルを実施しています。
もし興味を持たれたチームの方は、ぜひお試しください:)

Qiita Organizationについて

会社等の組織のチームページです。なお、作成費用・掲載費用は無料です。
現在では、25社以上の企業が登録されています。
スクリーンショット 2014-01-22 16.54.45.png

http://qiita.com/organizations

Qiita Organizationを作成するとできること

  • 個人でばらばらになっていた投稿を企業ごとにまとめて表示できる。
  • 企業内にどんなスキルをもったプログラマが所属しているか整理できる。
  • 社内等で実際にどんな技術を用いているかが外部からわかる。

詳しくは、こちらの「Qiita Organizationの提供を開始しました 」のページをご覧ください。

どうやって作成するの?

作成をご希望の方は、support@qiita.comまで利用希望の旨ご連絡ください。

なお、弊社での所定の審査の必要があります。
内容によってはご希望に添えない場合もありますのであらかじめご了承ください。

一般向けのQiita Organizationと、組織やチームで利用できるQiita:Team。共に便利な機能ですのでぜひご利用ください !!