Qiita:Teamを使った議事録の共有・保存で仕事の効率化をめざす MUGENUP CTO 伊藤勝悟氏

こんにちは、5643a8b47bc8e2bf22811a4ae6259e08.jpgmikiです:)

みなさんはどうやってチーム内で情報共有していますか?今日は、Qiita:Teamをご利用いただいている株式会社MUGENUPさんの事例を皆さんにご紹介します:)

現在30日間の無料トライアル中ですので、この機会にお試しください:)
##サマリー

###ポイントをまとめると
日報を投稿することによって何をやったか、次に何をすべきかを把握しやすくする
テンプレートとMarkdownにより簡単に投稿できる

###目次
– 気軽に社員の作業進歩が見えるように
– 決まったフォーマットはテンプレートでカスタマイズ
– 今までのチーム内コミュニケーション(ツール)の課題は?
– Qiita:Teamを選んだ理由は?
– よく使っている機能は?
– 共有内容を教えてください。
– 議事録は、システム上に残して共有・保存していきたい
– 最初に使っていた使い方との変化はありますか?
– 導入時の他の社員さんからの反応は?
– アルバイトと社員は立場的に上下関係があると思うが、気にせず投稿してもらえましたか?
– その中でもどなたが投稿されているのでしょうか?
– これから試してみたい運用方法はありますか?
– 株式会社MUGENUP
– 編集後記
– 参考資料 あわせて利用しているコミュニケーションツール

##株式会社MUGENUP

クリエイターとゲーム会社をつなぐ特化型クラウドソーシングを運営するベンチャー企業です。

  • 今回ご協力いただいた企業:株式会社MUGENUP
  • ご担当者:CTO 伊藤勝悟さん
  • ご利用されているプラン:Qiita:Team smallプラン
  • 利用人数:7人(社員3人、アルバイト4人)
  • ご利用開始年月日:2013年8月頃
  • 会社概要:http://mugenup.com/

スクリーンショット 2014-02-27 17.20.35.png
(Qiita:Teamご利用中のチームの皆さん)

続きはこちら