Qiita:Teamはエンジニアとデザイナーの一次アウトプットの場所 nanapi CTO和田修一氏

Qiita:Teamはエンジニアとデザイナーの一次アウトプットの場所 nanapi CTO和田修一氏

こんにちは、5643a8b47bc8e2bf22811a4ae6259e08.jpgミキです。

みなさんはチーム内で情報共有するときどうやって共有していますか?
今日は、Qiita:Teamをご利用いただき円滑に情報共有・開発している
株式会社nanapiさんの事例を皆さんにご紹介します:)

現在Qiita:Teamは30日間の無料トライアルを実施中なので、この機会にお試しください!

##サマリー

###ポイントをまとめると
投稿のおかげで透明性が増し、各エンジニア達が何をやっているのかわかるようなって、作業効率もアップ
投稿に対して敷居が低いのでアウトプットの場として非常に良い

###目次
– 株式会社nanapi
– 今までの課題とQiita:Teamを利用して変化したこと
– 今までのチーム内コミュニケーションの課題はなんだったのでしょうか?
– 他のツールやサービスではなくQiita:Teamを選んだ理由は?
– Qiita:Teamに期待したポイントは?
– Qiita:Teamを使い始めてから変化したことはありますか?
– Qiita:Teamの活用方法
– メンバー内でどのようなコミュニケーション・情報共有をしますか?
– Qiita:Teamの利用を始めた時のお話を聞かせてください。
– 各エンジニアが行っていることはどんなことなんでしょうか?
– 編集後記
– 参考資料 あわせて利用しているコミュニケーションツール

##株式会社nanapi

「できることをふやす」を理念に、日本最大級のハウツーサイト「nanapi」、ライティングスタジオ「nanapiワークス」を運営する会社です。

  • 今回ご協力いただいた企業:株式会社nanapi
  • ご担当者:nanapi 和田修一さん(CTO)
  • ご利用されているプラン:Qiita:Team Largeプラン
  • 利用人数:12人(エンジニア8人、デザイナー3人、社長)
  • ご利用開始年月日:2013年10月頃
  • 会社概要:http://nanapi.co.jp/


Qiita:Teamをご利用中の皆さん

続きはこちら