情報共有ツールでチームがオープンになっていく過程とは – 株式会社一休さま Qiita:Team利用事例

Qiita:Teamを導入した結果社内がどのように変わっていったのか、今回は一休さんの事例をご紹介します。

一休のみなさんは情報共有手段をメールからQiita:Teamへ移行され、事業部の垣根を超えて社内の情報を共有することに成功しているとのことです。みんなで一体感を持ってコミュニケーションできる場所としてご利用いただいている点が要チェックです。

会社概要

  • 今回ご協力いただいた企業: 株式会社一休 さま
  • 利用人数: 54人 (2014年12月現在)
  • ご利用開始年月日: 2014年3月

目次

  • 導入前の課題
    • 知識が属人化し、メンバー間のコミュニケーションにも偏りが
  • 導入の流れ
    • 無料トライアルから始めて段階的に、最後はデザイナーもメンバーに
    • お宝情報をピックアップ、技術以外の投稿も積極的に
  • いまのQiita:Teamの使い方
    • 雑談から真面目な情報まで、自由に書く
  • 導入後の変化
    • 社内のコミュニケーションの垣根がなくなった
  • 今後の展開
    • 営業さんなど、もっと社内に広げていきたい
    • アウトプット量を増やすために接点を増やす
  • 最後に
    • 情報がオープンになったことで社内の世界が広がった

続きはこちら